🌸さくら掲示板🌸

≪「さ」ムタイムズ・「く」マモト・「ら」イブラリー≫

【茶房 櫻ン坂(さくらんざか)】海外からの来訪客がほぼ100%選ぶのは、桜の……!!

城下のカフェで、カレーとアートと、ソフトクリーム

 

年始は加藤神社への参拝、春には花見、秋には紅葉など、一年を通じて県内外からの来訪者の多い熊本城。城下に広がる観光拠点「城彩苑」で唯一、2Fデッキに佇むカフェが「茶房 櫻ン坂(さぼう・さくらんざか)」。

f:id:sakura-2019:20200123163240j:plain

 

県外からも来訪のあるスポットでは、やはりご当地モノが人気。
同カフェの地産メニューの中で、珈琲などのドリンク以外でもっとも出数の多い食事メニューが「熊本県産和牛あか牛カレー」。

f:id:sakura-2019:20200123165056j:plain

▲熊本県産和牛 あか牛カレー(サラダ付き)/税込920円

提携する階下のビュッフェレストランのメニューとして、熟練の調理人が10種類のスパイスを数時間、あか牛がトロトロに溶け込むほどじっくり煮込んだカレーを、同カフェで少々アレンジしたうえで提供される。

 

★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★

同カフェの店名は想像できる通り、“さくら”の名所とされる熊本城に続く“坂”の下という立地に由来する。

f:id:sakura-2019:20200123163054j:plain

 

一昨年3月から販売、通年で提供するテイクアウトメニューに「桜塩ソフト」がある。パリパリ食感の桜色のフィアンティーヌと、モチモチの桜餅を、天草の塩を使用した甘じょっぱいソフトクリームにトッピングした同店オリジナルのソフトクリーム。

トッピングもなく価格も安い、真っ白な「塩ソフト」も販売しているが、海外からの来訪客はほぼ100%、桜塩ソフトのほうを注文するという。映える桜色と、“日本と言えば、桜”のご当地イメージもあるのかもしれない。

 

f:id:sakura-2019:20200123163107j:plain

▲桜塩ソフト/税込500円

★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★

 “ギャラリー喫茶”としての顔も持つ同カフェでは、今年1月22日(カレーの日)から、県内在住の若いクリエイターによる熊本の海をテーマとしたレジン(液体樹脂×油絵)のアート作品が展示されている。

ちなみに、カレーとレジンアートには何も関係はなく、「たまたま重なっただけ(同カフェ店員)」。

f:id:sakura-2019:20200123164836j:plain

f:id:sakura-2019:20200123165035j:plain

 

■■■

 

f:id:sakura-2019:20200123163249j:plain

【茶房 櫻ン坂(さぼう・さくらんざか)】

[住所]熊本市中央区二の丸1-1-2
[営業]平日:11:00 ~ 17:00/土日祝:10:00 ~ 17:00

[定休]なし

--------------------------------

投稿:2020年1月26日(日)

🌸レポートは投稿日時点の内容です🌸