🌸さくら掲示板🌸

熊本の「今、気になること」を随時、掲示中☆彡

仕事も自炊も「新しい“できること”を見つけていく」自宅に籠って考え中……★

樫山 結さん/タレント、サウナー

 

f:id:sakura-2019:20200418160312j:plain

※取材は2020年4月15日/開放的な屋外空間で実施しました。

 

-新型コロナウィルスの影響で、全国的にさまざまな影響が出ている。熊本県内でも感染拡大の防止のため、外出自粛ムードが高まり始めていた先月、自身のSNSで公開していた活動に数多くの声が寄せられる一件があった。

 

「普段から日常をSNSにアップしていますので、その節は本当にたくさんの皆様に、いろいろな、さまざまな種類の“大丈夫?”をいただきました。体調へのご心配や、不用心さへのご指摘……あらためて、今の事態を自分事としなくてはならない責任を痛感しました」

 

f:id:sakura-2019:20200423101334j:plain

-幸い体調を崩すこともなかったが、しばらくの期間、自身の判断で仕事を自粛する。

 

「健康状態に問題はありませんでした。でも念のため(コロナウィルスの)潜伏期間を考えて、少しの期間、自分からお仕事を自粛。お騒がせをした申し訳なさも兼ねてです。自粛期間中には大きな案件を4本ほどキャンセルすることになってしまい……重ねてたくさんの皆様にご迷惑をお掛けしてしまいました」

 

 

-自粛後は仕事に復帰したが、程なくしてテレビをはじめとする、彼女が活躍する放

送業界も取り巻く環境が変化し、出演予定だった案件もほとんどが延期、中止となる。現在は激減した数少ない仕事をこなしながら、余暇は自宅で過ごす。

 

「今は……さすがに家にいます。普段以上に時間があるので、必要以上に情報をたくさん目にしてしまい、どんどん不安になっていく。情報は今、信憑性の高いもの、そうでないものまで溢れていて……私だけではないと思いますが、情報に翻弄されてしまう時代です。先のことは不確定。意識して、あまり情報を追い過ぎないように努めています」


「気晴らしを兼ねて、最近やっと、自炊を始めました。今まではほぼ3食が外食の生活。家には食器は紙皿だけ、調理器具は小鍋だけという状態からの自炊スタート(笑)。料理と言いましても……最初は、奇跡的に自宅にあった頂きもののパスタ麺を茹でてみて、豚肉にサッと熱を通して盛り付けた“七味掛けパスタ、卵落とし”がデビュー作。そして、さらに料理をしようにも、食材を買い込もうにも、調理器具がなければ限界があり……最近、フライパンを購入しました。お米をフライパンで炊いてみたりと、自炊レシピのバリエーションを増やしていくのを楽しみながら、今は過ごしています」

 

f:id:sakura-2019:20200423101626j:plain

“七味掛けパスタ、卵落とし”/写真提供:樫山結

 

★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★

-放送業界に入り、今年で10数年。コロナウィルスの影響で状況が変わるまでは、テレビ、ラジオ、イベント司会など、月に30本程度の仕事で表舞台に立っていた。

 

「元々、人前でお喋りをさせていただくお仕事がしたかったので、高校卒業後は熊本のテレビ局に入社、番組製作サイドで、アシスタントディレクターを約3年やらせていただきました。出演者、スタッフで力を合わせて番組を作り上げていくという……裏方のお仕事も満足感があり充実していたのですが、やっぱり自分自身が喋る側でやりたくて。タレントになりたいです!と退社をさせていただき、履歴書を持って熊本中の放送関係の会社を回り続けました。もちろん自分一人で回り続けられたわけではなくて、たくさんの皆様にご縁を繋いでいただきました」


「そのうちに、運が良くテレビ、ラジオ、イベント司会という、放送業界で“喋る”お仕事の三本柱から同時に、本当に少しずつですが、お仕事をいただけるようになりました。テレビだけ、ですとか、何かひとつに特化したスペシャリストになれれば理想かもしれませんが、私にとっては、テレビ、ラジオ、イベントとで、表現方法や動き方は違いますから、それぞれの場が勉強の機会にも、気持ちの切り替えにもなっています」

 

f:id:sakura-2019:20200423102013j:plain

-実は今月から、ニュース番組のキャスターという新しいステージも待っていた。順調にキャリアを重ねていた、そんな矢先の今-。

 

「念願だったキャスターのお仕事は、1本出演をさせていただいて、すぐ昨今の情勢もあり番組自体がお休みになってしまいました。その他のお仕事も、今は半減以下……。辛うじていただいているお仕事も、厳戒態勢の中で収録をさせていただいているような状態で……当然、イベントはひとつもありません。来月どころか、来週でさえ確定の予定はなくて……個人事業主の立場は保証もありませんから、今はとにかく、不安しかないです」


「ネガティブなときほど、前向きに物事を考えていかなきゃいけないと考える一方で、先行きは不透明。私のお仕事の場合、今後テレビもどこまで取材に伺えるようになるかは分かりませんし、ラジオで求められる情報も変わるかもしれない。大勢の皆様が集まるイベントもなくなってしまうかもしれない。それが現実になるなら、私はどう生きていくべきか……。今までの人生で一番、刻々と自分自身の将来できることについて、真剣に考えています」

 

★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★

 

f:id:sakura-2019:20200423101855j:plain

サウナ撮影中/写真提供:樫山結

-県内においてはサウナを推奨する、第一人者としての顔も。自身でも“サウナー”と称し、仕事でもプライベートでも、サウナ通いは彼女のライフスタイルに欠かせない。

 

「サウナの虜になったのは2年ほど前。それまでは温泉ソムリエの資格を活かして温泉巡りのお仕事が中心だったのですが、たまたま、とあるサウナに入る機会がありました。我慢できるまで汗をかいて、その後すぐに水風呂に入って、そして外気浴……。その外気に当たっているとき、頭の中を空っぽにできて……それが、心と身体が整うような新鮮な感覚で、以来、急激にスイッチが入りました(笑)」

f:id:sakura-2019:20200423101931j:plain

サウナ満喫中/写真提供:樫山結

 

「さすがに現在はまったくサウナに行っていませんが、この状況になるまでは、週3~4回のペース。以前のように、気楽にサウナに通える日常に早く戻ってほしいですね」

 


-仕事も減り、サウナにも行けない今、個人事業主ならではの境遇に追い込まれながらも、本日から自発的にYouTubeによる動画配信という新しい取り組みを開始する。状況を悲観し、立ち止まっているわけではない。

 

「今は本当に、一人ひとりが周辺状況を自分事とする心掛けが、社会全体の前進に繋がる。私も、不用意な行動でたくさんの皆様にご迷惑をお掛けしていまいました。今はこれまで通りの生活ができている方は一人もいません。不安なのも、私一人だけじゃない。今だからこそ、この先も自身でやってける、新しいことをを見つけていくしかありません」

 

f:id:sakura-2019:20200423133241j:plain

 

-将来の目標を尋ねると、「どの分野の方ともお話ができる人になりたい」という。最近はサウナではなく、始めたばかりの自炊などで「頭を空っぽに」し、自身の幅を拡げる準備を整えがら……本日、33回目の誕生日を迎えている。

 

■■■

【樫山 結(かしやま・ゆい)】
1987年4月23日、熊本市出身
ï¼»twitterï¼½@kashiyama_yui

※取材は2020年4月15日/開放的な屋外空間で実施しました。

--------------------------------

投稿:2020年4月23日(木)

🌸レポートは投稿日時点の内容です🌸