🌸さくら掲示板🌸

≪「さ」ムタイムズ・「く」マモト・「ら」イブラリー≫

社会状況は変わっても……スポットへの立ち寄りと「県内2位」は変わらない★宇城市

三角西港は熊本市内と天草方面の「中継地」?

2005年、宇土郡三角町・不知火町、下益城郡松橋町・小川町・豊野町が合併し誕生、熊本県のほぼ中央に位置する宇城市。
同市のスポットとして代表的なのが三角西港。

f:id:sakura-2019:20200807171626j:plain

f:id:sakura-2019:20200807171614j:plain

風光明媚なそのスポットは、5年前に世界遺産に認定された直後は年間で55万人ほどの来訪者があったが、年々減少、昨年度は25万人前後まで落ち込んでいる。

 

今年は新型コロナウィルス感染対策で外出自粛を求められる一方で、3週間前から始まった国策、GoToトラベルキャンペーン。人の動きは確実に変わっている。


宇城市観光物産協会の藏田旭事務局長によると、「宇城市は県内においても、熊本市内と天草方面とを結ぶ中継地の役割」であり、三角西港の来訪自体は現在、昨年度までとあまり変わりがないという。

f:id:sakura-2019:20200807171705j:plain

宇城市観光物産協会・藏田旭氏

★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★

宇城市の名産品は柑橘類の不知火(※不知火品種のうち糖度が13度以上が「デコポン」)や、寿司では「コハダ」で通るコノシロなどがあるが、すべて旬は冬。

 

f:id:sakura-2019:20200807183123j:plain

一方で、新興勢力、今の時期に最盛期を迎えているのが、皮ごと食べられる甘さが魅力のシャインマスカット。全国的な生産量は及ぶほどではないものの、「豊野町で開発が進んでいます。昨年までは海外への出荷が大勢を占めていましたが、今年は国内からの引き合いが多くなり……結果的に、出荷量は例年とあまり変わらないようです(藏田氏)」。
ちなみに熊本県内では、山鹿市がシャインマスカットの生産が盛んで、宇城市(豊野市)は県内2位の座を狙っている。

 

★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★🌸★★★ 

宇城市はもともと、トマトやショウガ、メロンなど、さまざまな農産物の生産も県内有数で、多くが生産量は「県内2位」という位置。

道の駅も隣接する物産市場「宇城彩館」も、年中野菜で潤っている。

f:id:sakura-2019:20200807171656j:plain

 

宇城彩館から県道181号線を挟んだ向かい側に、地元・宇城産の野菜をふんだんに使った料理を提供するエスニックの老舗「AKARENGA」がある。

「宇城市内の若者は、自動車の運転免許を取ったら、まずドライブがてら立ち寄ってみるスポットのひとつ(同氏)」。同店も昨今の状況により営業事情は以前までとは異なるものの、テイクアウトメニューも好評で、馴染み客の来店頻度は大きく変わらないようだ。

f:id:sakura-2019:20200807171647j:plain

f:id:sakura-2019:20200807171638j:plain

f:id:sakura-2019:20200807171713j:plain

 ■■■

新型コロナウィルスにより、社会生活は様変わりした。しかし、三角西港を中継していく人々、そして県内2位の豊富な野菜など……今のところ、宇城市の個性は健在だ。

 

--------------------------------

投稿:2020年8月9日(日)

🌸レポートは投稿日時点の内容です🌸